2014年07月30日

「第十回「ナレーション講座H-1」-実践編-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

今回はナレーション講座で学んだ
極めてストレートなナレーション」の仕上げとして

1つ実践課題をもとにナレーションの構造解析をしていただきたいと思います。

題材として用いるのは、声優派遣屋の矢吹サンプルボイスとして取り上げられている
【ナレーション】生涯学習とは...』です。
ちょうど矢吹の個別ページにあるストリーミングプレーヤーの上から6つ目に該当するサンプルボイスです。


下にある画像が原文になっています。

生涯学習ナレーション原文.jpg


皆さんならこれまでの情報を元に、
このナレーションをどのように理解し、どのように読み上げますか??

このナレーション原稿は極めてストレートなナレーションが必要とされるような「内容を正確に伝えるべき」ナレーション原稿です

@抑揚をつけるのは禁止
A基本は頭高で適度に尻すぼみ
B間とスピードで調節する(唯一あなたが施せるアレンジ部分)

この3つの原則を思い出し、一度考えてみてください。



ハッキリ言って、完全な正解というものはありません。もちろんある程度の方針は同じである必要がありますが、正直文章のどの部分をどうとらえるかというのは最終的には人の感性ですし、ナレーションにもあくまで「原則」はあっても「鉄則」となるルールはあまりなく、感覚に依るところもあります。あなたなりの正解を一度考えてみてください。


次回、矢吹なりの見解を示したいと思います。


posted by Voice Closer 矢吹 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ナレーション講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。