2014年09月20日

「第2回 英語の発音講座 -"th"の発音-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

英語の発音講座第二回の内容は、「th」を使えるようになろう!! です。

学生時代に受けた英語の授業の中で、もしくは英会話スクール等に通っていらっしゃった方は特に発音におけるこの ”th” の重要性について話を聞いたことがあるかもしれません。

前回は”a”の発音にこだわりましたが、”a”の次に私たちが話す英語を「いかにも日本人が喋ったような英語」に聞こえさせてしまう原因がこの”th”にあります。



this [これ]

that [あれ]

think [考える]

thousand [千の]



今回はこの4つの単語に絞って”th”の発音を考えてみましょう。


それぞれカタカナで表すとすると大体「ディス」、「ザット(ダット)」、「シンク」、「サウザンド」あたりの表記になると思います。日常会話の中でこれらの単語が出てくる可能性は非常に高く、英語のセリフを少しもらっただけでもその中にこれらが用いられている可能性は高いです。


皆さんが”th”の発音を知らなかったとしても「ディス」、「ザット(ダット)」、「シンク」、「サウザンド」というのはお手本やリスニングのCDのような音声と自分の発音を比較してみると「なんか違うなぁ…」と薄々感じることでしょう。


これらを発音するとき「」が口の中でどの位置にあるのかを意識しながら一度発音してみてください。「ディス」、「ザット(ダット)」、「シンク」、「サウザンド」とまずはそのままカタカナよみして構いません。それぞれ舌が上あごにくっついていたり、そこにもくっついていなかったりするのがわかるでしょうか?



このカタカナ読みにおける「ディス」の「デ」、「ザット(ダット)の」「ザ(ダ)」、「シンク」の「シ」、「サウザンド」の「サ」の部分こそがこの”th”に該当する箇所です。



この部分を発音するときにすべて
「上の歯と舌の歯(それぞれ前歯)」で舌を軽くはさんで発音してみてください。
(“th”の部分の発音をすると同時に即座に舌を後ろ側へ引っ込めます。)
この時、舌を前歯よりも前に突き出しすぎると音が変わってしまうので注意してください。
あくまで前歯で軽くはさむ感じで、慣れてきたら前歯の後ろに軽く舌先をくっつける感じで。


すると、イメージとして

this → 「ディス」と「ジス」の間のような発音

that → 「ザット」と「ダット」の間のような発音

think → 「シンク」と「ティンク」の間のような発音

thousand → 「サウザンド」と「タウザンド」の間のような発音

にそれぞれなると思います。


英語で”th”を見かけたら、すべてこの方法をとることでより英語に近い発音ができます
この一動作を加えるだけで、日本人っぽい英語の発音からまた一歩脱却できますよ


ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。