2014年10月02日

「第6回 英語の発音講座 -連音を極めるA-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

今日も昨日に引き続き英語の「連音」についてお話しします。


早速、昨日皆さんに疑問を投げかけた、「連音で発音する可能性が高いものの法則」についてご紹介します。

@次の単語が「母音」で始まる場合。

母音とは言わずもがな、”a” “i” “u” “e” “o” のことです。
連音の現象が起きる可能性が最も高いのが、連音に関わる2つの単語の内2つ目がこの母音から始まる場合です。



「第5回 英語の発音講座 -連音を極める@-」で取り上げたものでいえば

an old clock の「anold の間」
stand up の間です。

特にこれら2つのような例は使用頻度が非常に高く、
例えば冠詞の"an"は本来"a"という単語を用いるべきところを次に来る単語が「母音から始まる場合に」anに変化します。つまり、an + 〇〇」という単語の並びでは、必然的に〇〇の単語は母音から始まるようになります。

an apple なども、別々で読んでしまえばカタカタ表記すると「アン アッポゥ」ですが、「アナッポゥ」と言ってしまえばいかにもそれらしく聞こえます。


また”up”は

get up
stand up
wake up


など、熟語(イディオム)に使われることが多く、登場頻度も高いです。



そして次の法則。


A前の単語の(字面ではなく発音での)終わりの部分に ”t” や “d” を見つけた場合。また目の単語の終わりの発音と次の単語のはじめの発音が似ている場合。

昨日の例でいえば

want to
sit down


です。wantの”t”とtoの”t”、sitの”t”とdownの”d”についてこれらの理由がいえます。tやdだからなのか、それぞれの発音が似ているからなのか、どちらの理由かと問われればどちらであるとも、またどちらともであるとも解釈ができます。

しかし、覚えておくとよいのは単語の末尾にある”t”や”d”は音としてもともと消えやすいということです。(音が消える代わりに”put up”→「プット アップ」→「プラップ」など、「L(l)」に該当するラリルレロの発音に置き換えられることもあります。)


他にも

take care [世話をする] →「テイク ケア」→「テイケア
Did you ~ ? →「ディド ユー」 →「ディッヂュー
not to →「ノットトゥ」→「ノットゥ

等があります。


まだまだ連音するものはあるのですが、
まずはさしあたりこの辺りを覚えておくと役立つと思います。
どうしても連音のイメージがわかない時は、You Tubeやリスニング教材等でネイティブの方の音声を聴いてみてください。できればそこにスクリプト原稿も用意し、目で文字を追いながら実際の音と比較してみるといいですね。


ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。