2014年06月26日

オーディション対策記事掲載開始!「やべぇ...こいつ欲しい」と思わせるためには。

どうも、声優派遣屋の矢吹です
6月ももうそろそろ終わり…
これから本格的に夏に突入していきますね

新生活にもだいぶ慣れ、落ち着いてきたこの時期に、
新しいことにチャレンジしてみようかな? という方もいらっしゃると思います。
その「新しいこと」が「声優」であった場合には、声優派遣屋が皆さんの力にきっとなれます!!

この声優派遣屋のブログではこれまでも、「うまく喋るには講座」の中で滑舌や無性化に関する内容をお届けしてきましたが、今後定期的に「オーディションの攻略法」について紹介していきたいと思います。

まぁしかしオーディションと言っても様々で、
矢吹の能力で受かるオーディションもあれば受からないオーディションもあります。それは逆に皆さんにも言えることで、皆さんが現在の能力で受かるオーディション、受からないオーディションがあるでしょう。

それにオーディションに関しても以前滑舌講座で触れましたように諸説あり、
やれこうするといい、ああするといい、自分の魅力をアピールせよ、笑顔がなんだのと、

色々あって正直なところ

「そんなん知るか。」って感じですね。

ただこれらも当然間違っているわけではなくて、
オーディションと呼ばれるものすべてに共通する唯一にして最大の目的を達成するために必要な要素である「可能性が高い」ものです。できるに越したことはありません。

そしてそのオーディションの目的というのはたったこれだけ。

相手に「やべぇ…こいつ欲しい」と思わせるということ。

皆さんが今後オーディションやその対策、結果で悩むことがあったら必ずこれを思い出してみてください。究極の目的は『相手に「やべぇ…こいつ欲しい」と思わせるということ。』

もちろんオーディションにもよりますが先ほど少し触れたような「笑顔の人」はなんとなく相手に好印象を与えることが世間一般的には当然多いです。だからオーディションについてのアドバイスをもらう時いつも「笑顔をふりまけ」と言われるのですね。いやまぁ中にはホラー映画の死霊役のオーディションで、狂気的な笑みを浮かべるちょっと危ない人が「やべぇ…こいつ欲しい」と思われることもあると思います。そういうオーディションの数は少ないと思いますが、ないとは言いません。

ただ、それを今すぐに受ける予定があれば別ですが、そんなことありませんよね。
じゃあ普通のオーディション対策をしよう!
ということで「やべぇ…こいつ欲しい」と思わせる要素を2つ。

・第一印象 (見た目や第一声、礼儀)
・第二印象 (二転三転して判明した第一印象とは違う印象)

よく言われることですね。
要するに、オーディションに王道で臨むならば、
相手にまずよい印象をもたせて、ギャップ萌えを狙えということ。

しかし、あくまで王道。
この手法で攻めてくるライバルたちはごまんといます。
(これを超える『真の王道』も存在しますが...)

じゃあ王道やーめた、と、そういうことではなく、
王道を極めることは悪いことではありません。
なぜならやってみることでその短所がわかりますし、正直オーディション直前になって
「あれ、ホントにこれでいいのか…??」ってなることは珍しくありません。
そんな時にひとつ持ちネタとして持っておくのもいいんじゃないでしょうか。

長くなりましたが、兎にも角にも次回から時折、
オーディション攻略法」というテーマでも
声優派遣屋のブログをお届けいたしますのでお楽しみに


posted by Voice Closer 矢吹 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディション講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。