2014年07月19日

「第五回「ナレーション講座C」-主語と述語の関係を見つけ出せ-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です
7月17日掲載の「第四回「ナレーション講座B」-極めてストレートなナレーション-」では、例文を一つとりあげ、極めてストレートなナレーションをする際のポイントである

@抑揚をつけるのは禁止
A基本は頭高で適度に尻すぼみ


この2つを守ったうえでどのように話すべきかを説明しました。

よい例(ナレーション).jpg

結論としてはこのように読めばよかったのですが、
この図の中の「段々下げる部分」となっている「声優派遣屋は」「承っています」の2つの箇所はどういう関係性にあるのでしょうか?

簡単に言えば「主語と述語の関係」です。
正確に言えば主部と述部の関係とも言えますが、細かいことはさておき
要するに「○○が」「××する(した)」という2つの関係性を文章の中から見つけ出すことが大事です。

声優派遣屋は声に関する様々な依頼を承っています。

この文章で最も大事なのはとりあえず「声優派遣屋は」なにかわからないけど「承っている」ということです。では何を承っているのかというと「(様々な)依頼」です。ではなんの依頼かというと「声に関する」依頼です。

極めてストレートなナレーションを行う時は、まずこの「主」と「述」の関係を見抜きます

例えば「たかし君が昨日の夕方に公園で友だちと遊んでいた。」という文章は「たかし君が」がこの「主」にあたり、「遊んでいた」というのが「述」の部分に当たります。それ以外の「昨日の夕方に」「公園で」「友だちと」という部分は「たかし君が遊んでいた。」というこの文章の軸に「いつ・どこで・誰と」という二次的な情報を付加しているだけなのです。

こうした二次的な情報は「A基本は頭高で適度に尻すぼみ」の原則による「段々と調子を下げながら読む」読み方には基本的には該当しません。多少くらい読んでいる中で下がってしまっても問題ありませんが、まずは極めてストレートなナレーションを読み上げるときには「主・述」に関する部分だけを下げながら読むように心がけてみてください。これが極めてストレートなナレーションを行うための追加ルールです。

次回以降、課題と合わせて、この法則に従っている例と従っていない例をご紹介する比較動画をアップいたしますのでお待ちください。


posted by Voice Closer 矢吹 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ナレーション講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。