2014年09月26日

「第3回 英語の発音講座 -"R(r)"と"L(l)"の発音-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です


英語の発音講座第3回でお伝えするのは「R(r)」と「L(l)」の違いについてです。

このRとLの違いをマスターできると、
あなたの発音をネイティブの方が聞いてもなかなか感心されると思いますよ!!




多くの皆さんはPCで日本語を入力するとき
ローマ字入力」を使用すると思います。
私もこのブログをキーボードのローマ字入力で書いています。



PCで「らりるれろ」と入力するならば

ra ri ru re ro

と入力しますよね?



日常的にこうしたローマ字の法則を用いているため
私たちは「R (r)」が日本語の「ラ行」における子音の音と同じだと思ってしまっているのです。

しかし私たちの日本語でいうところの「ラ」に該当するのは
英語では「ra」ではなくむしろ「la」なのです。




では「ra」の「r」はどんな発音なのでしょうか??


実はこの「r」の方が日本語にはない発音なのです。
「ra」発音の仕方は、

@まず「ウ」の口を作って、唇を少し前に突き出してください。

Aその上で「ラ」とそのまま発音せずに「ゥラ」と、少し「ラ」の前に「ゥ」を入れるようなイメージで発音してみてください。
(※実際に「ウラ」と言ってはいけません。あくまでも「ラ」の前に少し「ウ」が入るようなイメージで、でも相手には「ウ」は聞こえない。それくらい「少しだけ」のイメージです。)


逆に「la」は私たちがイメージする日本語の「ラ」をそのまま言ってしまって大丈夫です。


英単語の中で
last link lend

など、"l"が出てきたときには普通の「らりるれろ」の発音をすれば大丈夫です。



では練習してみましょう。

run [走る]
learn [学ぶ]


この2つを使って「r」と「l」の違いを意識して発音してみましょう。
カタカナ表記すると「ゥラン」、「ラーン」のような感じでしょうか。


違いはなんとなくわかったでしょうか。

その違いを意識して下の単語も発音してみましょう。



random [でたらめの]
load [道]
listen [聞く]
ride [(乗り物に)乗る]




どうでしょうか。


この違いをマスターして英語の発音力をより確かなものにしましょう


ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。