2014年11月21日

「第8回 英語の発音講座 -英語の「調子」A-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です


英語らしい「調子」で発音し、英語っぽく相手に伝える方法を今回の講座では実践していきましょう。



まずは英語の各単語におけるアクセント(強勢)を意識してみてください。

たとえば ”baseball” ならbase-ballと単語を区分した後、「base」の方をより強く発音します。

この単語で誤って「ベィス『ボゥル』」と発音してしまう方は少ないとは思いますが、前回お伝えしたように日本人である私達は日本で生活しているうちに、基本的に「棒読みのセンス」を磨いています。棒読みマスターである私たちも英語を発音する時ばかりは「恥じらいを捨てて」、「強調するべきところは強調して」読む必要があるのです。


また、外来語や和製英語に慣れすぎている私たちは「英語の発音」と「日本語の発音」を混同してしまっている節があります。


私が中学生の頃アメリカへ行った時に、友人とホテルの中を散策している時に迷子になりました。そこでホテルの従業員と思わしき人たちに対して必死に「ウェアイズエレベーター」「ウェアイズエレベーター」と訊いていましたが一向に理解されませんでした。しばらくして私たちが「エレベーターの場所を聞いていた」ことを理解してくれましたが、この時相手が口にした ”Oh, elevator!!”

私たちは “Where is the elevator?” と訊いていた「つもり」でしたが”the”が抜けているとかそんな理由ではなく私たちの”elevator”の発音に問題がありました。日頃私たちは「エレベーター」という言葉を「エレ『ベー』ター」というように「ベー」の音が一番高くなるように発音します。しかし英語における”elevator”は最初の「e」、つまり「エレベーター」の「エ」の部分にアクセントがあります。


カタカナで表すと

私「ウェアイズエレ『ベー』ター??」
相手「エレベーター…?? オゥ、ユーセィ『エ』レベィタァ!!」

なんともマヌケな話です。


日本語のアクセントに準じて話している英語は「英語の域から逸脱している英語的な何か」になってしまいます。例えば「日本人英語」のような。

わからない単語や日本語にも似た言葉があるものは積極的にアクセントを調べましょう



もうひとつ意識することは「一文の中の調子を変化させること」です。

ちょうどアメリカに行った話をしましたので以下の様な例文を用いましょう。

I went to America to study English. [私は英語を勉強するためにアメリカに行きました。]

これを読むときあなたが伝えたいことが「アメリカに行った」ことなのか「英語を学びに行ったこと」なのか「あなたが行った」ことなのかなんなのかにもよりますが、おそらくこの文の中で”I”や”America”、”English”は強調される単語である可能性が高いです。こうした意味の上で最も重要な単語を優先度@とし「最も高く(大きく)発音する」ものとします。


次にこの文中で言えば”to”、他には”a”や”the”などの冠詞、”in”や”on”、”at”などの前置詞を優先度Bとし、「最も低く(小さく)発音する」ものとします。

そして残ったそれ以外を優先度Aとし、@とBの間の高さ(大きさ)で発音するものとします。

すると以下のように表すことができます。


英語強勢.png


このように単語の強勢だけでなく、一文の中にある単語同士にも優劣をつけて発音することで「波打つような英語のリズム」になり、英語らしく聞こえます。


posted by Voice Closer 矢吹 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

「第7回 英語の発音講座 -英語の「調子」@-」

どうも皆様、お久しぶりです、
声優派遣屋の矢吹です


今回は英語を英語らしく話すためのコツである「調子」についてお話しします。



数ある言語の中でも「日本語は特にお経のように一本調子だ」といったような話を聞いたことはありますでしょうか?? 以前、→ナレーション講座にて文を読むときの「調子」についてお話ししたのを覚えておられますでしょうか?? 



特にナレーションにおいては文章の途中で音が上がったり下がったりといったいわゆる「波」のような高低まじった喋り方はよしとされません。もちろん演技のとき、普段している日常会話のときなどはその限りでなく、「感情」によって強く言ったり弱く言ったり高く言ったり低く言ったりすることはありますが、それでも英語に比べれば日本語は限りなく「棒読み」に近い喋り方をする言語になります


それに対して英語は調子を横線で表すと波打つようなリズムを刻みながら発音されます


波打つようなリズムの例

英語の調子.png



英語を今現在習っている人も、昔学校で習った人も、

問1 次のうち最も強く発音する部分を記号で答えなさい。
ア イ ウ
pi-a-no


といった問題を解いたりした経験はありませんか?

また疑問文を声に出すときには文末は上り調子(右矢印2)で読みますが
what などの疑問詞がついた場合は下げ調子(下矢印2)で読むというように習ったのではないでしょうか。


数年前までの大学のセンター試験では、
英語の一文に含まれている単語のうち、実際に声に出し多時にはどの単語を一番強く発音するか選択する、といった問題も存在しました。


英語のリスニング教材を聴いたり、YouTubeなどで英語を母語としている人が喋っている動画などを一度見てみたりしてください。
きっと日本語の「極めてストレートなナレーション」の時には御法度とされていたような、上下に幅広く振れる独特の調子でしゃべっているものが多いと思います。

比較対象としては、日本語の朗読CDなどを聴いてみるとよいでしょう。
英語と日本語の「調子」の違いがわかるはずです。
もちろん日本語にもアクセントは存在していますし、上げ調子下げ調子なども存在しています。が、それ以上に英語の「調子」(強勢なども含む)は意識されやすく、「英語らしさ」を出すためには必要なものとなります。

具体的な方法についてはまた次回お話しします
ラベル:英語 声優 発音
posted by Voice Closer 矢吹 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

「第6回 英語の発音講座 -連音を極めるA-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

今日も昨日に引き続き英語の「連音」についてお話しします。


早速、昨日皆さんに疑問を投げかけた、「連音で発音する可能性が高いものの法則」についてご紹介します。

@次の単語が「母音」で始まる場合。

母音とは言わずもがな、”a” “i” “u” “e” “o” のことです。
連音の現象が起きる可能性が最も高いのが、連音に関わる2つの単語の内2つ目がこの母音から始まる場合です。



「第5回 英語の発音講座 -連音を極める@-」で取り上げたものでいえば

an old clock の「anold の間」
stand up の間です。

特にこれら2つのような例は使用頻度が非常に高く、
例えば冠詞の"an"は本来"a"という単語を用いるべきところを次に来る単語が「母音から始まる場合に」anに変化します。つまり、an + 〇〇」という単語の並びでは、必然的に〇〇の単語は母音から始まるようになります。

an apple なども、別々で読んでしまえばカタカタ表記すると「アン アッポゥ」ですが、「アナッポゥ」と言ってしまえばいかにもそれらしく聞こえます。


また”up”は

get up
stand up
wake up


など、熟語(イディオム)に使われることが多く、登場頻度も高いです。



そして次の法則。


A前の単語の(字面ではなく発音での)終わりの部分に ”t” や “d” を見つけた場合。また目の単語の終わりの発音と次の単語のはじめの発音が似ている場合。

昨日の例でいえば

want to
sit down


です。wantの”t”とtoの”t”、sitの”t”とdownの”d”についてこれらの理由がいえます。tやdだからなのか、それぞれの発音が似ているからなのか、どちらの理由かと問われればどちらであるとも、またどちらともであるとも解釈ができます。

しかし、覚えておくとよいのは単語の末尾にある”t”や”d”は音としてもともと消えやすいということです。(音が消える代わりに”put up”→「プット アップ」→「プラップ」など、「L(l)」に該当するラリルレロの発音に置き換えられることもあります。)


他にも

take care [世話をする] →「テイク ケア」→「テイケア
Did you ~ ? →「ディド ユー」 →「ディッヂュー
not to →「ノットトゥ」→「ノットゥ

等があります。


まだまだ連音するものはあるのですが、
まずはさしあたりこの辺りを覚えておくと役立つと思います。
どうしても連音のイメージがわかない時は、You Tubeやリスニング教材等でネイティブの方の音声を聴いてみてください。できればそこにスクリプト原稿も用意し、目で文字を追いながら実際の音と比較してみるといいですね。
ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

「第5回 英語の発音講座 -連音を極める@-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

今回の英語講座では英語の「連音」について説明します。


これまでの講座の内容とあわせてこの連音ができるようになると、英語の発音の「英語らしさ」や「カッコよさ」が激増します。


連音とは文字通り音が(途切れずに)連続することです



わかりやすい例をひとつ挙げてみます。

中学校の英語で習う I want to go shopping. [私は買い物に行きたい。]
などでみられる「〇〇したい」にあたる “want to”

これは単語個別でカタカナ読みしてみるとそれぞれ「ウォント」と「トゥ」になります。ではこの文を「アイ『ウォントトゥ』ゴゥショッピング」と読めばいいのかというとそうではありません。ここで意識するのが「連音」です。どの英語音声を聴いてもほぼそうなっていると思いますが、通常はこの部分を「ウォントゥ」と発音します。


他には例えば冠詞の ”an” も連音に使われます。

an old clock [古い時計]

これは一語一語読んでいけば、「アン オールド クロック」ですが、たいていの場合は「アノールドクロック」というように”an”と”old”をくっつけた発音をします。


その他も考えてみると、

stand up [立ちあがる] 「スタンド アップ」→「スタンダップ
sit down [座る]  「シットダウン」→「シッダウン

等があります。



連音しやすいものにはある一定の法則もありますので、考えてみてください

連音についてはまた次回講座で詳しく解説いたします。
ラベル:発音 声優 英語
posted by Voice Closer 矢吹 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

「第4回 英語の発音講座 -英語はハッキリ発音しない-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

英語の発音講座第4回でお伝えするのは「英語はあまりハッキリと発音しない」ことです。もっと正確に言うならば、「単語の末尾をあまりハッキリクッキリと発音したり、強く発音したりはしない」ということです。

例えば



ball [ボール]
what [何]
quick [素早い]
pet [ペット]




を発音してみてください。


これらを発音するとき、「ボー『」、「(ホ)ワッ『」、「クウィッ『」、「ペッ『」などと、読みのカタカナ表記上では最後に来る音を、ハッキリ発音しすぎていませんか?


英語を「カッコよく」発音しようと思うのであれば、これらをハッキリ発音していてはいけません。ハッキリ発音しすぎると、悪く言ってしまえば非常に間の抜けた感じになってしまいます。


今挙げたこれらは総じて中でも特に「あまり発音しない音」もしくは「発音しない音」に該当します。



“ball”であれば「ボーゥ(ル)」くらいにとどめ、最後の「ル」は発音するかしないかわからないくらいにしてみましょう。


“what”ならば「ワット」の「ト」は以前 →「『うまく喋るには講座』の無性化について」で触れたような、無性子音「t」のみを発音するようにしてみてください。
(※無性子音だけが音になり、「ト」と発音してしまっていないかどうかは「喉に手をあてながら発音してみて、喉がふるえなければ成功」です。逆に喉が振動していたらアウト)
同様にして “quick” や、 “pet”も、「クウィック」の最後の「ク」や「ペットゥ」の「トゥ」を無性子音「k」や「t」だけを発音するような意識で発音してみてください。



洋画などの英語音声を聞いていてもそうですが、多くのセリフはあまりキッチリハッキリとした音では発音されていないものが多いです。(激昂しているシーンや、興奮しているシーンなどは別として、ですが。)


単語の頭と最後の発音を比較して(例えば”quick”(クウィック)でいえば最初と最後それぞれの「ク」について)、頭の音の方がハッキリとなるように、そして最後の音は「相手に聞こえるか聞こえないかわからないくらいに留める」ようにすることで、より英語らしい英語の発音ができるようになります


原理を覚えたら他の単語も発音してみましょう
ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

「第3回 英語の発音講座 -"R(r)"と"L(l)"の発音-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です


英語の発音講座第3回でお伝えするのは「R(r)」と「L(l)」の違いについてです。

このRとLの違いをマスターできると、
あなたの発音をネイティブの方が聞いてもなかなか感心されると思いますよ!!




多くの皆さんはPCで日本語を入力するとき
ローマ字入力」を使用すると思います。
私もこのブログをキーボードのローマ字入力で書いています。



PCで「らりるれろ」と入力するならば

ra ri ru re ro

と入力しますよね?



日常的にこうしたローマ字の法則を用いているため
私たちは「R (r)」が日本語の「ラ行」における子音の音と同じだと思ってしまっているのです。

しかし私たちの日本語でいうところの「ラ」に該当するのは
英語では「ra」ではなくむしろ「la」なのです。




では「ra」の「r」はどんな発音なのでしょうか??


実はこの「r」の方が日本語にはない発音なのです。
「ra」発音の仕方は、

@まず「ウ」の口を作って、唇を少し前に突き出してください。

Aその上で「ラ」とそのまま発音せずに「ゥラ」と、少し「ラ」の前に「ゥ」を入れるようなイメージで発音してみてください。
(※実際に「ウラ」と言ってはいけません。あくまでも「ラ」の前に少し「ウ」が入るようなイメージで、でも相手には「ウ」は聞こえない。それくらい「少しだけ」のイメージです。)


逆に「la」は私たちがイメージする日本語の「ラ」をそのまま言ってしまって大丈夫です。


英単語の中で
last link lend

など、"l"が出てきたときには普通の「らりるれろ」の発音をすれば大丈夫です。



では練習してみましょう。

run [走る]
learn [学ぶ]


この2つを使って「r」と「l」の違いを意識して発音してみましょう。
カタカナ表記すると「ゥラン」、「ラーン」のような感じでしょうか。


違いはなんとなくわかったでしょうか。

その違いを意識して下の単語も発音してみましょう。



random [でたらめの]
load [道]
listen [聞く]
ride [(乗り物に)乗る]




どうでしょうか。


この違いをマスターして英語の発音力をより確かなものにしましょう
ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

「第2回 英語の発音講座 -"th"の発音-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

英語の発音講座第二回の内容は、「th」を使えるようになろう!! です。

学生時代に受けた英語の授業の中で、もしくは英会話スクール等に通っていらっしゃった方は特に発音におけるこの ”th” の重要性について話を聞いたことがあるかもしれません。

前回は”a”の発音にこだわりましたが、”a”の次に私たちが話す英語を「いかにも日本人が喋ったような英語」に聞こえさせてしまう原因がこの”th”にあります。



this [これ]

that [あれ]

think [考える]

thousand [千の]



今回はこの4つの単語に絞って”th”の発音を考えてみましょう。


それぞれカタカナで表すとすると大体「ディス」、「ザット(ダット)」、「シンク」、「サウザンド」あたりの表記になると思います。日常会話の中でこれらの単語が出てくる可能性は非常に高く、英語のセリフを少しもらっただけでもその中にこれらが用いられている可能性は高いです。


皆さんが”th”の発音を知らなかったとしても「ディス」、「ザット(ダット)」、「シンク」、「サウザンド」というのはお手本やリスニングのCDのような音声と自分の発音を比較してみると「なんか違うなぁ…」と薄々感じることでしょう。


これらを発音するとき「」が口の中でどの位置にあるのかを意識しながら一度発音してみてください。「ディス」、「ザット(ダット)」、「シンク」、「サウザンド」とまずはそのままカタカナよみして構いません。それぞれ舌が上あごにくっついていたり、そこにもくっついていなかったりするのがわかるでしょうか?



このカタカナ読みにおける「ディス」の「デ」、「ザット(ダット)の」「ザ(ダ)」、「シンク」の「シ」、「サウザンド」の「サ」の部分こそがこの”th”に該当する箇所です。



この部分を発音するときにすべて
「上の歯と舌の歯(それぞれ前歯)」で舌を軽くはさんで発音してみてください。
(“th”の部分の発音をすると同時に即座に舌を後ろ側へ引っ込めます。)
この時、舌を前歯よりも前に突き出しすぎると音が変わってしまうので注意してください。
あくまで前歯で軽くはさむ感じで、慣れてきたら前歯の後ろに軽く舌先をくっつける感じで。


すると、イメージとして

this → 「ディス」と「ジス」の間のような発音

that → 「ザット」と「ダット」の間のような発音

think → 「シンク」と「ティンク」の間のような発音

thousand → 「サウザンド」と「タウザンド」の間のような発音

にそれぞれなると思います。


英語で”th”を見かけたら、すべてこの方法をとることでより英語に近い発音ができます
この一動作を加えるだけで、日本人っぽい英語の発音からまた一歩脱却できますよ
ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

「第1回 英語の発音講座 -"a"の発音-」

どうも、声優派遣屋の矢吹です

今日から英語発音講座です

まず、日本人の8割が勘違いしている、もしくは知っていても実践できていない英語の発音。ここに日本人がいかにも日本人らしい英語しか喋ることのできない原因があります。

皆さんはアルファベットの「a」が出てきたとき、どのように発音しますか??


例えば…そうですね

cat [ネコ]

action [行動]

and [〜と]

等です。




これらはすべて単語の読み方が日本語の中に
カタカナ」として浸透しているものばかりです。

順に、「キャット」、「アクション」、「アンド」と表せます。
ネコの英語読みをカタカナで書こうとして「キェァーット」などと書く人はそうはいません(というかまずいません)。


これらの英単語を読むときに私たちは自然とこのカタカナ表記を頭に思い浮かべてしまいがちです。ですが今日からは「英語を発音するときだけ」それは忘れてください。



英語において単語の中で用いられるアルファベット「a」の発音は大体において私たちが日本語で用いる「ア」ではありません。(A B C D … と数えていくならばその「A (a)」は「エィ」という読み方で間違いありませんが。)

「a」は口を「エ」を発音するときの形にしてください。
その状態で「ア」と発音するのです。

聞こえてくる音としては「ア」と「エ」が混ざったような音になります。

この発音は日本語には存在しません。

なので文章でその発音を書き表すことができませんが、「a」の部分はこの発音の仕方で先ほどの

cat

action

and


を発音してみてください。

どうですか?

いつもより英語っぽく聞こえませんか??

この他の「a」の読みも、厳密にみていくと発音は違うのですが、基本的には「ア」を「エ」の口で発音することによって英語らしく聞こえます。

英文中に「a」が出てくるのはかなりの確率です。

これひとつ覚えておくだけで英語の発音が一段上へと上昇します。

是非実践してみてください
ラベル:英語 発音 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

英語発音講座 -プロローグ-

どうも、声優派遣屋の矢吹です

今日からは声優派遣屋のブログを「英語の発音をよくするには?」というテーマでお送りしていきたいと思います。

私たちは人生の大部分を日本で過ごしています。
普通に生活しているだけで、テレビやラジオ、街中、お店、いろんなところで当然のように「日本語を聞く」機会があります。そうやって生活しているうちに私たちは「日本語」を身に付けました。


しかし英語をはじめとした外国語を日常的に扱える人は私たちの中にはあまりいません。
自分から進んでたくさん勉強でもしない限り私たちは「外国語」に触れる機会があまりないからです。なので逆に洋画の字幕版などをたくさん観ている人の中には、そこで英語を覚えた、という人もいます。


まぁ細かい話は抜きにして、
基本的に「言語」というものはその言語にいかにたくさん触れ、たくさんことばを自分の中に吸収したかで、どれだけ扱えるかが変わってきます。


これは外国語の発音も基本的には一緒。
外人の方でまだ日本語に不慣れな方が日本語を使おうとするとどうしても「カタコト」になってしまいますよね。逆に英語に不慣れな私たちが英語を発音しようとしても、英語を母語としている人たちのようなよい発音で「ペラペラ」と喋ることはできません。



では英語をいっぱい勉強すれば英語の発音がよくなるのかというとそうではありません。
英語をたくさん勉強することで英語を自在に扱えるようにはなりますが、
テレビで見る大企業の社長さんやプロスポーツ選手のような人たちは全員カッコイイ発音で喋れているでしょうか??
彼らは優れた英語の「知識」をもってはいますが、優れた英語の「発音」を有してはいません。だからいかにも「日本人が喋った英語」にしか聞こえないのです。



では「優れた英語の発音」というのはいったいなんなのか。
なぜ、私たちは日本人らしい英語しか喋れないのか。



その答えは私たちが「日本語の発音で英語を考えているから」です

よく英会話の本などを見ると

What are you going to do next Sunday?

といった文があれば

ワット アー ユー ゴゥイング トゥ ドゥ ネクスト サンディ

などと読み方が書いてあると思います。


こういうのを見るたび「ああ、頑張って日本語で英語の読みを表してるんだな…」と思います。もちろんこれは悪いことではなく、このカタカナ通り発音すれば大体伝わります。そして日本人に英語の発音を説明する上で、このブログでもそうですが「カタカナ表記」はやはりわかりやすいのです。


ですがこれではやはり「日本人が喋った英語」にしか聞こえません。


どうせならカッコイイ発音や、外人さんらしい発音をしてみたくないですか?
というかなにより、声優としてやっていく上で「英語の発音スキル」が必要になるときがあります。DJのような喋りが求められたとき、バイリンガルという設定のキャラを演じることになった時など、英語の発音が必要になる機会は考えるといくつもあると思います。


まずは英語の発音に関して正しく理解しましょう。
そしてそれをもとにいろんな単語、文章などの発音を身につけていくことで
理想の英語発音を手に入れましょう

講座スタートは次回からです。
お見逃しなく
ラベル:発音 英語 声優
posted by Voice Closer 矢吹 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の発音講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。